あとで読む

住居を移転する際の身軽さ

分譲・購入住宅と比較して、賃貸物件は、入居契約を取り交わす際の審査基準や、契約手続の難易度、イニシャルコストの金額設定などが低く設定されているケースが多いというアドバンテージがあります。
そのような事情を考慮すると、物件は、買うよりも、借りる方が、住まいを移転する際のフットワークは軽くなると言って良いでしょう。
そうしたことから、賃貸住宅は、将来に対する不安や、不確定なファクターを数多く抱えている消費者によって、仮の住まいとして利用されるケースも少なくないようです。
例えば、学生の中には、親からの仕送りを受けたり、アルバイトをしたりして、食費や生活費、学費などをまかなっている人が少なからず見受けられます。
また、地方出身学生などの場合には、通学に掛かる時間や交通費、エネルギーなどのことを考えて、学生時代の間だけ、自身の通う学校の近くに居住する人々も多いと思われます。
その他に、新卒者や社会人一年生、ビジネス経験の浅いワーカーなど、若年層の人たちの場合には、これから先の長い人生の中で、部署異動や栄転、左遷、懲戒解雇、退職、転職、独立、企業、結婚、離婚、家族やルームメイトなどとの同居、別居などによって、住む場所や住居の建物構造、間取り、敷地面積などを変更する必要に迫られたり、変えることを望んだりするケースが数多く起こりえると想定されます。
そのように、短い期間だけの利用を想定している人たちにとって、賃貸物件は有効に機能すると考えられます。
賃貸住宅の場合には、前述のように、入居時のハードルが低いばかりではなく、退出する際のあつれきも少ないというメリットがあります。
例えば、住宅ローンを組んで物件を購入する場合には、退出した後も、ローンを完済する義務は残ることになります。
したがって、特に、入居してから間もなく、物件を退去することになった場合には、多くの金銭的な損失を被ることになりますので、注意しなければなりません。
また、物件の売却や購入、貸し出しなどといった手続きをおこなうに際しては、賃貸よりも多くの時間やエネルギー、コストが掛かる傾向が強いようですから、気をつける必要があります。
それに対して、賃貸の場合、退去予定日の一か月前までに、物件の管理者へ申し出ることによって、それより後の賃料などを支払う義務を背負うことがありませんので、自分の都合で、いつでも身軽に退出することが可能になります。

Copyright (C)2021賃貸暮らしの方へ〜退去時に原状回復できますか?〜.All rights reserved.