あとで読む

ペットの持ち込み

最近では、ペットブームが高揚して、犬や猫、ハムスター、熱帯魚、カメ、ヒヨコ、ウサギ、ヘビ、カメレオン、サル、キュウカンチョウ、オウム、文鳥などといった小動物や魚類、爬虫類などを飼育する消費者も数多く存在するということです。
そのような事情を考慮すると、そうした愛玩動物を、賃貸物件の中でも飼いたいと思う人々は後を絶たないと考えられます。
そういったペットと生活を共にすれば、ビジネスシーンにおける人間関係のしがらみや営業成績、将来に対する不安、親子、夫婦、嫁姑などの問題、経済的な事情、犯罪や事故、災害などに見舞われるリスクなど、多様なバリエーションの悩みやストレスから解放されて、癒しのひとときを満喫することが可能になると思われます。
ただし、そういった小動物などの中には、凶暴な性質を有し、見ず知らずの人に危害を加えたり、器物を損壊したりする可能性が少なからずあるペットも少なからず存在しますので、気をつけなくてはいけません。
そのようなリスクを軽減するためには、檻や柵、水槽、小屋、カゴなどの中に入れたり、鎖やひもでつないだりして、建物の共用部分や回りを、勝手に動き回ることがないようにすることが大切なファクターとなります。
また、慣れているからと言って、放し飼いにしたり、ひもや鎖をつけずに散歩させたりすると、他の入居者や来訪者、通行人などに恐怖心を抱かせたり、危害を及ぼしたり、ペットが自動車やバイク、スクーター、自転車、歩行者などに踏まれたりしてしまうリスクが低くはありませんので、気をつけなくてはいけません。
そして、犬や猫などを散歩させる時には、糞尿の処理をおこなうなど、道路や環境などを汚さないように気をつけることも、重要度の高いエチケットになります。
また、そういった動物などの中には、場所や時間帯にかかわり無く、鳴き声を上げて、住民などに迷惑を掛ける事例も少なくありませんので、注意を払わなくてはいけません。
そういったリスクを減らすためには、日ごろからしつけをきちんとしておく他、ペットが快適に生活することが出来るよう、世話してあげることも大切です。
ただし、そのように諸々の対策を講じたとしても、人間と動物が共存することには数多くのトラブルがつきものですし、それらのペットを毛嫌いする入居者や、生理的に受け付けない来訪者が存在するのも否めない事実であるため、ペットの持ち込みを禁止している物件も少なからずあります。

Copyright (C)2021賃貸暮らしの方へ〜退去時に原状回復できますか?〜.All rights reserved.