あとで読む

飼い主に求められる資質

犬や猫などのペットを賃貸物件の居室内で飼育すると、毛が落ちたり、部屋の空気を汚したり、設備や備品を壊したり、人に危害を加えたり、鳴き声を出して周辺住民に迷惑を掛けたりするなど、多様なバリエーションのトラブルが発生するリスクが低くありません。
そのようなリスクを避けるために、ペットの飼育を許可していない物件も少なからず見受けられます。
もしも、そうした愛玩動物を飼っていたり、これから飼育する予定があったりする人が部屋探しをする際には、そのあたりの事情を考慮して、ペット持ち込み可という条件の設定された物件を探すように注意する必要があります。
もし、ペットの持ち込み不可の物件に於いて、そういった動物などを飼っていることが、他の住人などに知られると、直接的に苦情を言われたり、家主や管理会社のスタッフへクレームが入ったりする可能性が高くなります。
そして、それらの注意を受けたにもかかわらず、ペットを飼い続けるなど、悪質な行為が認められる場合には、部屋の立ち退きを要求されたり、強制的に契約を解除されたり、罰金を徴収されたりするなど、厳しいペナルティが科せられるはめにもなり兼ねませんので、充分気をつけなければなりません。
そして、ペットの持ち込みが認められていない物件であることを知らずに入居し、後からそのような事実を知らされた場合には、愛玩動物を飼うために別の住居へ移転したり、動物を手放したりすることが必要になるかも知れません。
その内、新しくペット持ち込み可の物件を探す場合には、部屋探しや契約手続き、引っ越しなどをおこなうために、多くの時間やエネルギー、コストを消耗することになりますので、注意しましょう。
また、ペットを知人に譲り渡したり、施設に引き取ってもらったり、自然にかえしたりするのは、飼い主にとっても、動物にとってもつらい別れになると考えられます。
特に、犬などの場合は、帰巣本能が発達していることから、野山へ捨てたり、他人の家に預けられたりしたとしても、自分で前の飼い主のところまで帰ってくることが少なくないという話です。
そのように、悲しい思いをしなくても済むように、賃貸物件を探す際には、設定されている条件を入念にチェックすることが大切なファクターになります。
また、同じペットでも、持ち込みの認められている動物と、そうでない動物とが存在するケースも少なからずあることと思われますので、注意が必要です。

Copyright (C)2021賃貸暮らしの方へ〜退去時に原状回復できますか?〜.All rights reserved.